雪解けの園内と円山の動物たち

昨日の春らしい陽気で、園内も雪解けがさらに進んできました。

2022年3月26日雪解けの園内と円山の動物たち1

既に路面が見えている園路、シャーベット状になっている場所など、エリアによって雪解けの状況が異なります。

 

今朝は原始林や木道で、エゾシマリス、シジュウカラ、クマゲラに出会いました。

2022年3月26日雪解けの園内と円山の動物たちエゾシマリス2

円山公園を代表するカツラの巨木でお食事中のエゾシマリス。冬眠から目覚めたのでしょうか。それとも食事するために少し起きてきたのでしょうか。

2022年3月26日雪解けの園内と円山の動物たちエゾシマリス3

遠くを眺めながら木の実を食べたり、木の根元の穴から顔を出す様子が可愛らしいです。離れた場所で、そっと見守ることが大切ですね。

2022年3月26日雪解けの園内と円山の動物たちシジュウカラ4

背が鮮やかな黄緑色の小鳥、シジュウカラ。

2022年3月26日雪解けの園内と円山の動物たちシジュウカラ5

住宅街でよく見かける身近な鳥ですが、円山でも様々な場所で観察することができます。

 

高い木の上で幹をつついているクマゲラを見つけました!

2022年3月26日雪解けの園内と円山の動物たちクマゲラ6

クマゲラの性別の見分け方は、赤いベレー帽をかぶったのがオス、メスは後頭部のみが赤い、とのこと。遠くから撮影したため、はっきり分かりませんが、この鳥はメスのように見えますね・・・

キョーンキョーンという元気な鳴き声やコツコツコツ・・・と木をつつく音が林の中に響き渡っていました。

2022年3月26日雪解けの園内と円山の動物たち木道7

原始林や木道周辺は、まだ雪が多く残っています。園内も雪解けで歩きにくくなっておりますので、足元に気を付けながら散策をお楽しみください。